| 本年度協賛企業のご紹介 |

 土木デザイン設計競技『景観開花。』は、毎年度多くの協賛企業様に企画趣旨のご理解とご賛同を頂きご支援を賜っております。心より御礼申し上げます。


 本年度の開催に協賛頂きます企業様を、順次ご紹介させていただきます。

特別協賛


株式会社 ドーコン

http://www.docon.jp

優れた景観は地域の魅力を高め、人の心を豊かにし、文化の形成に貢献します。ヨーロッパの国々がそうであるように、人々の生活に不可欠な道路や河川などの社会資本は、地域の歴史・文化と生態系に配慮しながら、使いやすく、安全で、美しくあるべきです。

当社では、地域の個性ある景観の成り立ちをしっかり理解した上で、様々な分野の専門技術者が連携しながら、魅力ある景観づくりに取り組んでいます。


ヨシモトポール 株式会社YSポール 株式会社

ヨシモトポール株式会社 http://www.ypole.co.jp

YSポール株式会社 http://www.yspole.co.jp

ヨシモトポールは、3つの事業領域でポール製造販売を中心とした事業を展開しています。電力や交通など社会の基盤をつくる『公共インフラ』領域、通信設備や情報環境の発展を支える『情報ネットワーク』領域、スポーツ施設や各種公共施設など快適な暮らしに関わる環境を支える『生活環境』領域。様々なニーズに応え続けて培われてきた総合力を生かして、「まちづくりのパートナー」として誇りを持って事業に取り組んでいます。


(五十音順)

一般協賛


パシフィックコンサルタンツ 株式会社

http://www.pacific.co.jp/


株式会社 復建エンジニヤリング

https://www.fke.co.jp

現代社会の経済活動において必要不可欠な存在である、社会インフラ。当社は日本における建設コンサルタント業のフロントランナーとして、鉄道、道路、都市開発の計画・設計・保全・調査・環境アセスメント等、主に国内外の交通系社会資本整備に携わってきました。

多角的な事業で養った技術と経験を活かし、創立100年に向けて、これからも、国民の安心・安全を守ります。


株式会社 復建技術コンサルタント

http://www.fgc.jp/

1946年、太平洋戦争で荒廃した日本を復興するために旗印に掲げ設立した弊社は、ことし6月おかげさまで創立76周年を迎えました。これもひとえに、永年にわたりお取引いただきました関係各位のご支援の賜と心より厚く御礼申しあげます。

当社は、東北地方を中心に、地震・集中豪雨など多くの自然災害への復旧・復興並びに防災・減災をはじめとする社会資本整備全般に対して、技術力をもって社会へ貢献してまいりました。

今後も社是である「技術」「人格」「社会貢献」に恥じぬよう、微力ではございますが、皆様のご期待に添えますよう努力して参りたいと存じます。

引き続き一層のご支援とご協力を賜りますようお願い申し上げます。


(五十音順)

| 主催 |


東北大学工学部建築・社会環境工学科 平野研究室

〒980-0845 宮城県仙台市青葉区荒巻字青葉468-1
東北大学災害科学国際研究所 S304-E 
TEL: 022-752-2102 E-Mail: info(at)keikankaika.jp


景観開花。2022実行委員会

http://2022.keikankaika.jp